化粧品でシミを目立たなくすることはできるの?

顔に出来てしまったシミはどうしても目立ちますし、気になってしまいます。

化粧品でシミを目立たなくすることはできるのでしょうか。シミを隠すためには、コンシーラーもありますが、他の化粧品でもシミ隠しをすることはできます。コンシーラーは使い道も限られてしまいますので、いつも使える化粧品でシミ隠しをするほうが節約にもなります。PR:ハイドロキノン化粧品

 

手軽にできるシミ隠しといえば、カバー力のあるBBクリームを使う方法です。BBクリームといえば、これ1つでベースメイクが完了するという化粧品です。安いものなら千円程度で入手することができます。しっかりとカバー力があるので、お肌のちょっとした荒隠しなら十分なのですがシミまで隠すためには厚塗りになってしまいます。PR:ハイドロキノン化粧品

 

まずスキンケアをしたあとに、指先に少量のBBクリームを取って、シミが気になる部分にぽんぽんと押さえ込むようにして置いていきます。一度にたくさん載せてもキレイに仕上がりません。欲張らずに米粒程度の量をシミに重ねていきます。すり込むように塗ると化粧品がヨレて汚くなってしまいますので、置くように塗っていくのがポイントです。この時点では、シミにBBクリームが重なっただけなので肌とBBクリームには境界線が出来ている状態です。変な仕上がりにも見えますがあまり気にせずにひたすらシミを隠すことに重点を置いてメイクしていきます。この時、つい明るい色を選んでしまいがちですが、BBクリームは素肌よりワントーン暗めを選ぶとよりシミも目立ちにくくなります。PR:ハイドロキノン化粧品

 

そしてシミが隠れたら少し肌に馴染むのを待ちます。
BBクリームだけでも化粧は完結してしまいますが、シミを隠す時には少し物足りないです。薄いシミはほとんど隠せますが、濃いシミだとまだぼんやりと見えてしまっています。これでは完ぺきではありません。
肌が落ち着いてから顔全体にファンデーションを塗ります。シミを隠した部分はこすらないようにして、ぽんぽんと馴染ませていきます。BBクリームはその名の通りクリームファンデなので、上に塗るのはパウダータイプのほうがよれにくいです。シミ周辺は特に気をつけて丁寧に仕上げていきます。PR:ハイドロキノン化粧品

 

ハイライトを使う人もいるかと思いますが、返ってシミ部分が目立つように思います。ワントーン暗めのメイクをすることで全体的にシミが目立ちにくくなります。光沢のある仕上げパウダーは光を反射させるため、小じわなどのアラは目立ちにくくなるのですがシミのような色素沈着は明るくなることで目だってしまうからです。
PR:ハイドロキノン化粧品

 

ハイドロキノン化粧品rランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ